top of page
​モルドバの気候について
​ 

 モルドバは大陸性気候(北・北東部からの影響)と海洋性気候(西・南西からの影響)の狭間で、春と夏が長く、秋・冬が比較的に短い気候です。一日の気温の寒暖差(昼・夜)、一年の気温の寒暖差(夏・冬)が極めて大きいのが特徴です。

 夏季は気温が上昇し、大陸が低気圧になるため降水は初夏に集中しますが、降水量は少なく、夏季も快晴の日が多く湿度も低く、昼夜の寒暖差も大きいのが特徴です。そのため地表の気温は上がりますが、夜間は地面から熱が放出されて気温が低下します。

 10月の下旬から1月の下旬頃にかけて北東部よりサイクロンの通過が何回かあり、風速も最大で20メートルと強くはありませんが、気温が−25℃になることもあります。冬季は風が弱く湿度は低いです。高気圧が発達しやすく水蒸気の供給量が少ないため快晴の日が多く、また日中は直射日光が強いのが特徴です。そのため地表の気温は上がりますが、夜間は地面から熱が放出されて気温が低下します。これらの自然から与えられた条件を重ね合わせて見るとモルドバが如何に葡萄栽培に適した国かが良く分かります。

| モルドバの春 3月〜5月
| モルドバの夏 6月〜8月
| モルドバの秋 9月〜11月
| モルドバの冬 12月〜2月